インプラント・移植

インプラント

当院のインプラント治療は、ストローマンというメーカーを使用しています。サージカルガイド使用し、埋入ポジションを定格に設定し治療を行っています。それだけなく、埋入後にインプラント体が見えてしまっていたりすると、審美的にも長期保存にも良くありませんので、FGG(離歯肉移植術 )を行い、治療後の安定を意識して治療を行います。また歯周病がある方は、インプラント治療に入る前に歯周治療を優先し、骨が足りない方は、GBR(骨誘導再生)を先に行い、土台作りからスタートします。

インプラント治療の流れ

1.硬組織のマネジメント

GBR(骨誘導再生)法とは、インプラントを支えるだけの骨が無い場合に行う治療です。
CTで撮影した3Dデータなどを基に測定します。骨の量が足りないと診断された場合、ご自身の口腔内から補う骨を採集して、他には骨補填材という人工骨と混ぜて使用して骨の補填を行います。
この治療は、6カ月を目安としています。

2.インプラントの埋入

GBR治療で骨がしっかりとあると診断できたら、インプラント埋入を行います。当院では、CTデータを元にサージカルガイドを作成し、インプラント埋入ポジションを確定します。

手術中の麻酔について

当院では、静脈内鎮静法という点滴を行います。手術中常時、モニタリングを行い状態管理し、患者さんの安心安全を提供するように心掛けています。

3.軟組織のマネジメント

インプラント埋入した周りに十分な歯肉が無い場合に行います。
インプラントがより安定して長く保ってくれる事を期待して、硬い歯茎を移植したり遊離歯肉移植術(FGG)より自然な歯茎に見せるために歯肉のボリュームを増やし、結合組織移植術 (CTG)メイテンナンスしやすさを獲得していきます。

4.上部構造(被せ物)の設置

硬組織のマネジメントとインプラント埋入、軟組織マネジメントの治療まで、全て行った場合、長い方で1年近くかかる事もあります。しかし、上記の治療をしっかりと行うことで、行わないで埋入したインプラントとでは、治療後に大きな違いがでることがあります。それが、インプラント脱落やインプラント周囲炎などの、歯肉退縮のような二次災害です。当院では、再発防止や口腔環境維持をどう実現するのかを、患者さんの口腔環境によって提案し、長く保つインプラント治療を心掛けています。

5.メインテナンス

インプラント埋入後は、メインテナンスで定期的に当院へ通って頂くことをお勧めします。
インプラントは、既に十分に天然歯と変わる人工歯として確立されていますが、メインテナンスを不十分にしてしまえば、やはり歯と同じ様に歯周炎などの症状が出る場合もありますので、より長く保つために一緒に予防をして行くことが大切です。

移植

当院では、歯の移植手術も行っております。インプラントは・・・、親知らずが使える!そんな時に出来る治療です。

親知らずや、歯並びによって、日常生活に影響しない天然歯がある場合に、移植手術を適応することができます。
しかし、天然歯を抜歯して、移植しますので根管治療が不可欠です。こちらの治療も、即時に治療が完了するものではなく、安定させるために治療を行っていきます。

移植の流れ

  1. STEP01

    抜歯

    いらない歯を抜いて使用する歯を抜きます。使用する歯の設定は、レントゲンやCTなどで検査して、模型も作成して、歯の健康状態を確認して行います。

  2. STEP02

    移植

    抜歯と同時に行います。
    移植する歯(供給側)をいらない歯を抜いた場所(受給側)に移植します。抜歯直後に行う事で、受給側の周りの歯茎が治癒力によって供給側が安定し始めます。

  3. STEP03

    歯の固定

    移植ポジションに、抜歯した歯を固定します。

  4. STEP04

    根管治療

    挿入した歯を、より安定させるために根管治療を行います。

  5. STEP05

    補綴

    抜歯してから、3カ月以降に行います。
    抜歯部分の歯周組織が安定してから、治療を行います。

  6. STEP06

    メインテナンス

    安定を長く保つために、メインテナンスを行います。

    予防はこちら

ページトップへ