歯内療法

歯の神経に問題がある場合

神経を抜いてしまった歯でも、できるだけ残すための歯内療法を積極的に行っています。

  • 歯が常に痛くて患部が腫れている

虫歯が神経にまで及んでしまった場合、当院では「神経を残す歯髄温存療法」と「神経を抜いて膿を取り出す感染根管治療」を行っています。最近は、根管治療を行っている歯科医院が増えてきていますが、やはり神経を抜いてしまうと歯が割れやすくなり、寿命が縮まります。すべての症例に適応できるわけではありませんが、できる限り神経まで残す「歯髄温存療法」を大切にしています。

  • 歯髄温存療法

    歯が虫歯で溶けて、歯の神経(歯髄)に近い場合に適応します。通常虫歯部分をすべて除去すると、歯髄が露出してしまい、炎症が進んでしまいます。そこで、あえて虫歯の一部を残し、薬剤を注入して再石灰化を促します。再石灰化がうまくいけば、虫歯を除去しても歯髄が露出されなくなり、神経を残すことが可能になります。

  • 感染根管治療

    歯の中の汚染物質(感染して腐ってしまった歯髄や溶けた象牙質)を綺麗に掃除する治療です。汚染物質を残した状態が続くと、最終的に歯が痛み、腫れてきます。この状態を放置しておくと、歯を支える歯根の周りの骨を溶かして膿が溜ります。これを根尖性歯周炎と呼び、進行すると耐えがたい痛みと腫れを伴います。

  • 歯根端切除術

    根の先に溜まってしまった膿は、根の治療だけでは治らないこともあります。その場合、外科的に、病変部を取り除く方法が歯根端切除術です。外科的に、歯肉側からアプローチをすることもあります。

根管治療を成功させるための取り組み

根管治療は非常に高度な治療で、場合によっては再治療が必要となってしまいます。
当院では、根管治療を成功させるための取り組みを徹底しています。

治療における取り組み

システムを持った治療方法
非外科的歯内療法とマイクロスコープを用いての外科的歯内療法を用いて治療をしています。
症状に合わせて、非外科的、もしくは外科的な治療を選択することによって、治療後の予後も視野に入れて治療し、歯を抜く抜かないことを選択するのではなく、その後の生活も考えて治療するのを大切にしています。

感染予防に対する取り組み

根管治療をするということは、歯の根の部分で細菌が繁殖しているということです。治療の際、細菌が他の歯に感染しないように、感染予防を徹底することが重要です。

当院では、感染予防のためにラバーダムを使用しています。写真のように治療をする歯を隔離することで、他の歯への感染を防ぎます。まだ唾液の侵入を防ぐことにより、治療効率も上がります。

洗浄に対する取り組み

歯の根で繁殖した細菌を除去するための洗浄も重要です。これがうまくいかないと、治療後にまた細菌が繁殖してしまい、根管治療は失敗に終わります。根管洗浄液と呼ばれる薬液で根管の中を洗浄するのですが、当院ではいくつかの洗浄液を使い分けています。洗浄液は非常に作用が強いため、患部以外、例えば口の中の粘膜や他の歯に触れてしまうと、細胞を損傷してしまうことがあります。前述したラバーダムは、そういった事故を防ぐ効果もあります。

充填に対する取り組み

洗浄後、根管を3次元的に充填することで、根管内への細菌や滲出液の侵入を防いで、再感染を防止し、歯および周囲組織を健康に保つことができます。当院では、できるだけ持続するように封鎖できる根充材を用いて、できる限り緊密に充填をします。また、CWCT(Continuous Wave Condensation Technique)法という方法を用いて充填を行います。成功率が高い治療法で、アメリカの根管治療専門医のほとんどがこの方法を用いています。

ページトップへ