よくあるご質問

よくあるご質問

セラミック治療Q&A

セラミックインレー、クラウンのメリット

・自然歯に近い透明感と色調を再現できる
・仕上がりが美しい
・金属アレルギーの心配がない
・長期的な歯の変色や歯肉の変色がない

デメリット
・歯を削る量が若干多い
・割れることがある
・自費診療のため治療費が高い

予防歯科Q&A

定期検診は行ったほうがいいですか?

行った方が良いです。お口の中の状態によって一人一人期間は違いますが、半年~1年くら いで検診をすることで、虫歯や歯周病などお口の中の変化に早く気付くことができ、早期に治療を行うことができます。

治療や検査は要らないのでクリーニングだけしてほしい。

当院では所定の検査をしっかり行い、状態改善のために歯石とりや歯垢除去が必要と、診断した上で行なっています。どうしてもクリーニングのみがご希望の場合は保険外診療の対象となります。

検診、メインテナンスの期間はどのくらい空けるのがいいですか?

各自のお口の状態に応じたメインテナンスプログラムを決定し、プログラムに沿ってリコールが指定されます。
基本的に3ヶ月とされていますが再評価したデータやセルフケアのプラークコントロールの程度によりリコール間隔が短くなったり徐々に延ばされたりします。

一般歯科Q&A

自分の歯の神経はなるべく残しておいたほうがいいですか?

歯の中にはエナメル質や象牙質など硬組織の他に神経組織や免疫を担当する細胞、栄養を送る血管が存在します。歯の神経が腐って、治療により神経を取り除いてしまうと、これらが失われます。そうならない為にも定期的にメインテナンスを行い早期発見・治療、予防する事で歯を健康に守ることが大切です。

歯周病Q&A

歯肉炎と歯周炎の違いはなんですか?

歯周病の中で、歯茎にのみ炎症がある状態を歯肉炎、骨まで溶けてしまっている状態を歯周炎といいます。最初は歯肉炎がおこり、それを放っておくと歯周炎になってしまいます。

  • 歯肉炎
    歯肉炎
  • 歯周炎
    歯周炎

矯正歯科Q&A

矯正治療ってなんで必要なんですか?

歯並びが悪くても実質的には健康に害はないですし、頑張れば歯も磨くことが可能です。ただ、矯正治療の目的のひとつに歯に加わる嫌な力を少なくすることがあります。前歯ははさみのような働き、奥歯は臼の様な働きがあります。もし奥歯がはさみのような働きをしなければいけないと、やはり負担が過ぎて病気をおこしやすくなります。そのためにかみ合わせを整えることが必要になります。

設備Q&A

検査でx線を何枚かとるようだが、被曝などは大丈夫か。

歯科で用いるレントゲンは、照射量や照射範囲も極めて少なく、照射が原因で健康被害が出る可能性は極めて低いのでご安心ください。

器具はどのように洗っているのですか?

治療の器具類は一人の患者様が終わるたびに交換しています。

洗浄(超音波洗浄、洗浄機を用いての洗浄)⇒すすぎ⇒消毒⇒乾燥⇒滅菌⇒保管

安全・安心な歯科治療を皆様に提供するためには、治療器具の洗浄・滅菌を徹底し医院内の清潔を維持することが必須だと考えています。

ページトップへ