歯周治療

抜かずに治す歯周病

ご自身の歯をできるだけ残すための歯周治療を積極的に行っています。

  • 歯がぐらぐらして今にも抜けそうだが、できれば歯を残したい

日本人の歯の抜ける原因第1位が歯周病です。しかし当院では、重度の歯周病であっても、できるだけ歯を抜かずに済むような治療法を多数取り入れております。但し、100%ではありませんので、できるだけ早い段階で来ていただくに越したことはありません。セカンドオピニオンも承ります。他院で抜かなければいけないと言われた方も、お気軽にご相談ください。

  • 歯周内科療法

    歯周病の原因菌を特定した後、薬を内服して除菌します。原因菌を正確に特定し、毎日の歯みがきを怠らないという条件下でないと良い結果は生まれませんが、痛みを伴う処置がなく、治療期間も従来の治療と比べて非常に短く、患者さんに負担の少ない治療法です。

  • 再生療法

    歯周病により溶けてしまった歯周組織(歯肉・歯槽骨など)を再生する治療法です。再生にはいくつかの方法がありますが、症状によって使い分けていきます。

    詳しくはこちら

  • 切除療法

    歯肉を切開して歯槽骨(歯を支える骨)の形と整え、最後に歯肉を縫合し、歯周ポケットを浅くする治療法です。歯茎がやや下がってしまうので、切除療法が適切かをしっかり見極め、慎重に治療を行う必要があります。

歯肉の上に残存歯質がない場合の治療法

  • 虫歯で歯がほとんど溶けてしまっている

虫歯が進行すると、歯質が溶けてしまい、重度の方だと歯の根しか残っていないということもあります。歯質が失われてしまった場合、かぶせものなどで修復されることが多いのですが、歯肉の上に十分な歯質が残っていない場合は安定性に欠けるため、抜歯と判断される場合が多いようです。当院では、そのような方にも、できるだけ「歯を残す」という選択肢を提示しております。

  • 歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

    歯茎や歯槽骨の形を整えることによって、残存歯質を歯肉より上に出す治療法のことです。主に、歯肉が歯にかぶさってしまい、外からでは歯が見えない状態になっている時に適応します。歯茎を削るだけではなく、きちんと形を整え、審美的に不備が出ないように心がけています。

  • 歯根挺出(エクストルージョン)

    歯肉の下にある歯を、歯列矯正と同じ原理で引っ張り出す治療法です。歯は、弱い力を常時かけ続けることで移動していきます。歯を引っ張り出すと歯茎がついてきて、歯と歯茎の境目が綺麗に見えなくなることがあるので、その場合は歯冠長延長術で歯茎の形を整えます。

治療期間について

  • 歯冠長延長術の治療期間

    歯冠長延長術(CLP)は処置後2ヶ月は歯肉の経過を観察する必要があります。これは、歯肉が安定せず歯肉退縮など起きることがあるからです。

  • 歯根挺出(エクストルージョン)の治療期間

    当院では、初期治療から処置を行い、その後に、歯茎の処置を行います。単純計算で挺出には1ミリ1か月といわれています。虫歯の状態にもよりますが、かぶせものまで4-6ヶ月治療期間として必要になります。

歯周病治療での再生治療

歯周病治療において、歯周組織の再生は重要です。歯周病によって歯茎や歯槽骨が溶けだします。歯石や歯垢を除去しても、歯周組織は元には戻りません。歯を支える力が弱まり、結果として抜歯の可能性が高まってしまいます。そこで、歯をしっかり支えられるよう、歯周組織の再生治療を行います。

エムドゲイン・骨移植・GTR(歯周組織誘導法)

歯周病治療において、歯周組織の再生は重要です。歯周病によって歯茎や歯槽骨が溶けだします。歯石や歯垢を除去しても、歯周組織は元には戻りません。歯を支える力が弱まり、結果として抜歯の可能性が高まってしまいます。そこで、歯をしっかり支えられるよう、歯周組織の再生治療を行います。

治療期間について

エムドゲイン・骨移植・GTR(歯周組織誘導法)の治療期間

術後はクリーニング、かみ合わせチェックを行い、一定期間後に再評価を行い、さらなる治療内容を決めていきます。そのため歯周治療の期間は状態によりますが、 1つの基準として1年を目安にしています。
再発する可能性があるため、引き続き クリーニングおよびかみ合わせのチェック、再評価を大切にしています。

ページトップへ