院長ブログ

やってはいけない矯正治療

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

こんにちは、等々力・深沢・中町にあるソフィア歯科医院の矢島です。

今回はやってはいけない矯正についてご説明致します。

 

見た目の美しさや、噛み合わせ、顎の不調も場合によっては解決できる矯正治療ですが、

巷では短期的には良くても、後になって問題を起こしてしまうような、

やってはいけない矯正が存在します。

 

この内容は自分の趣味、嗜好の話です。言ってみればカレーライスが嫌いっていうことで、『なんで食べられないんですか?』って怒る人っていないですよね?

この話はあくまで自分の好き嫌いの話であってそれ以上ではありません。

そのため下記で記述する内容の矯正方法が必ずしも間違っているというつもりではありません。

誤解のないようにお願いします。

 

やってはいけない矯正とは?

 

『セラミック矯正』です!!

 

「矯正」と謳ってはいますが、いってみればただの被せもの治療のことです。

特に歯並びが悪い前歯に行われることが多く、歯を削って、被せモノで形を整えることにより歯並びを良くしたように見せる治療法です。

 

矯正治療のように長い時間がかからないですし、美しい色になる、矯正治療より低額、とくに若い方や時間のない方が行う場合が多いようです。

 

ただしセラミック矯正は一生モノの治療ではありません。早ければ数年後に取り返しのつかない問題を起こしてしまうことがあります。

 

たとえば歯を大きく削ることによっては神経を取る必要が可能性としてあります。

無菌的にしっかりと神経をとって、根管治療をすればそれだけで問題を起こすことは少ないですが、

そうでない場合もあり、何年かして根が膿んでしまったり、痛みなどの問題を起こしたりすることもあります。

さらに、削って被せたところ以外はそのままなので、見た目が良くても噛み合わせが整っていない場合があります。

そうすると被せモノが割れてしまったり、歯が欠けてしまったり、最悪の場合歯根が割れてしまって抜歯になったり、顎に不調がでることもあります。

そうなれば当然被せ物は外すことになり、また一から治療し直すことになります。

 

歯の予後を決めるのは歯の残っている量と骨の量で決まります。文献で証明されています。

ダイエットやシェイプアップ、アスリートのトレーニングが長い時間がかかるように、本当の美しさ、健康は一朝一夕では手に入らないのです。

神様が作ってくださったエナメル質ほど最強で歯を守ってくれる素材はありません。

 

生涯を通じて自分のお口の健康を守りたい貴方は、セラミック矯正という簡単に手に入る美しさという言葉にひかれないように気をつけていただければと思います。

口の中で天然モノに勝る人工物は未だ存在しませんから…。

 

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

矯正治療

ページトップへ